閉じる
閉じる
閉じる
  1. アクション スラックス 11-23-1429-887(BEAMS/ビー…
  2. E.O.I ME-527 レザープレーントゥオックスシューズ(MR.O…
  3. 「The Climb」
  4. 「Drop Dead: Dual Strike Edition」
  5. 「beat saber」
  6. 闇金ウシジマくん(真鍋昌平)
  7. テーパードスキニーチノパンツ ベージュ6689127012(nano…
  8. シルク ビック ワッチ ホールガーメント(カジュアルボックス)
  9. さよなら、ハイスクール(森もり子)
  10. マイクロモーダル ボクサーパンツ Body Modal Trunk(C…
閉じる

男のタシナミ

「坊っちゃん」の時代(関川夏央/谷口ジロー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月の11日にマンガ家の谷口ジローさんが亡くなられた。タッシーも好きなマンガ家さんで、このブログでも何回か紹介している。

谷口ジロー作品の紹介ページ

訃報を聞いて初めて知ったが、結構年配の方だった。タッシーのイメージでは、もう少し若いかなと思っていたので、ちょっと意外だった。

谷口ジロー氏は好きなものの、まだ読んでいない作品も多く、今回はいい機会と思い、『「坊っちゃん」の時代』というマンガを読んでみた。

こちらは原作は関川夏央氏。画を谷口さんが担当。明治の中期から後期が舞台の作品で、夏目漱石、森鴎外、石川啄木など、当時の文豪の話だ。

正直、タッシーは文学作品に興味はなく、この作品も買おうかどうしようか迷ったが、谷口作品なら面白く読めるかもと思い、読んでみることに。

いろいろと脚色はされているんだろうけど、教科書でしかイメージのなかった夏目漱石、森鴎外とかが、人間味溢れる描写で描かれていて、自然と親しみが沸きました。

有名な作家さんもこんな人間臭いところあったんだなーと思ったり。特に印象的だったのは、石川啄木。検索してみるとわかるけど、あの人はなかなかのクズ人間(笑)。金借りっぱで返さないだもん。

正直、すごい面白い作品とは思わなかったけど、教科書でしか知らなかった人たちの、ちょっとしたプライベートが垣間見えて、おもしろかった。

タッシーみたいに当時のことや、彼らのことをよく知らない人の方が楽しめて読めるのかもね。

 

関連記事

  1. ヒカルの碁(小畑健、ほったゆみ)

  2. 殺し屋1(山本英夫)

  3. うさぎドロップ(宇仁田ゆみ)

  4. 新・のぞき屋(山本英夫)

  5. メタルK(巻来功士)

  6. 七夕の国(岩明均)

最新記事

  1. 2021/10/17

    「The Climb」
  2. 2020/3/28

    「beat saber」
ページ上部へ戻る