閉じる
閉じる
閉じる
  1. パンチング サコッシュ クラッチバック エシカルレザー(sobagni…
  2. アクション スラックス 11-23-1429-887(BEAMS/ビー…
  3. E.O.I ME-527 レザープレーントゥオックスシューズ(MR.O…
  4. 「The Climb」
  5. 「Drop Dead: Dual Strike Edition」
  6. 「beat saber」
  7. 闇金ウシジマくん(真鍋昌平)
  8. テーパードスキニーチノパンツ ベージュ6689127012(nano…
  9. シルク ビック ワッチ ホールガーメント(カジュアルボックス)
  10. さよなら、ハイスクール(森もり子)
閉じる

男のタシナミ

シートン・・・旅するナチュラリスト・・・(今泉吉晴/谷口ジロー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に続いて、またまた谷口ジロー氏の作品。『「坊ちゃん」の時代』と一緒に買った作品だ。

タイトル通り、このマンガはあの『シートン動物記』の「シートン」の話。全4巻で、1巻ごとに話が終わる構成の作品。つまり全4話あるわけ。

タッシーが動物好きなのもあるけど、個人的には『「坊ちゃん」の時代』よりもこの『シートン・・・旅するナチュラリスト・・・』の方が面白かった。

特におすすめなのが、1巻の「狼王ロボ」の話。ロボというのは、ある狼の名前で、辺り一帯を荒し回っている狼。人間が住むエリアで来て、家畜を襲ったりして大きな被害をもたらしていたの。人間もこのロボを捕獲、退治しようとしたんだけど、とにかく頭がよく、用心深い。だから、人間がしかけた罠にもひっかからない。

おかげで、日増しに被害を増え、あるときシートンに「あなたの知識でロボを退治してくれ」と依頼が入ったわけ。しかし、さすがのシートンも簡単にロボを捕らえることができなかった。試行錯誤するシートン。シートンVSロポ、勝つのはどっちだ? みたいな展開で話は進む。

話としては、他にもありそうな感じだけど、話の構成や画がすばらしく、ついつい引きこまれる。また、自分の気持ちも単純にシートン側に立つだけでなく、ロボ側に立って感情移入してしまうシーンもあり、なんとも言えない気持ちになる。

「シートンに早くつかまえてほしいけど、でも、やっぱりまだロボは捕まってほしくない」みたいな。

すごいハラハラドキドキするわけではないけど、いろいろな感情が沸き起こりながら読めるので、とてもよかった。動物好きなら、一度読んでほしい作品。

 

関連記事

  1. ラストイニング(神尾龍、中原裕)

  2. 父の暦(谷口ジロー)

  3. 神々の山嶺(夢枕獏、谷口ジロー)

  4. カレチ(池田邦彦)

  5. 「坊っちゃん」の時代(関川夏央/谷口ジロー)

  6. デッドマン・ワンダーランド(片岡人生、近藤一馬)

最新記事

  1. 2021/10/17

    「The Climb」
  2. 2020/3/28

    「beat saber」
ページ上部へ戻る