閉じる
閉じる
閉じる
  1. パンチング サコッシュ クラッチバック エシカルレザー(sobagni…
  2. アクション スラックス 11-23-1429-887(BEAMS/ビー…
  3. E.O.I ME-527 レザープレーントゥオックスシューズ(MR.O…
  4. 「The Climb」
  5. 「Drop Dead: Dual Strike Edition」
  6. 「beat saber」
  7. 闇金ウシジマくん(真鍋昌平)
  8. テーパードスキニーチノパンツ ベージュ6689127012(nano…
  9. シルク ビック ワッチ ホールガーメント(カジュアルボックス)
  10. さよなら、ハイスクール(森もり子)
閉じる

男のタシナミ

父の暦(谷口ジロー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神々の山嶺の作画を担当した谷口ジローの作品。タッシー的に、谷口ジローのタッチは好きなので、試しに買ってみた漫画。

結果から言うと、思った以上によかった。作品は主人公の父が亡くなったところからスタートするんだけど、その父に対して、主人公はいろいろなわだかまりがあったのね。その気持ちが、ふるさとに帰り、周りの人から父の話を聞いていく中、徐々に変化していく。こうやって文章で書くと、なんだかありふれたパターンだなって思うだろうけど、その心情の変化や描写が、とても上手い。だから、とても素直に感情移入できるんだよね。さすが谷口ジローと思う。

ただ、若い人だとなかなか感情移入できないと思うし、わかりやすいストーリーが好きな人にはあまりはまらないかも。タッシーも今の年で読んだからこそ、いいなーと思ったけど、20歳くらいで読んで、そう思えるかとはちょっと疑問。ただ、いい作品なので、興味があれば、できるだけ読んでもらいたい作品。1巻のみなので、手軽に読めるしね。

 

関連記事

  1. orange(高野苺)

  2. まんが道(藤子不二雄(A))

  3. 獣のように(かわぐちかいじ)

  4. 聲の形(大今良時)

  5. ACMA:GAME(メーブ/恵広史)

  6. 「坊っちゃん」の時代(関川夏央/谷口ジロー)

最新記事

  1. 2021/10/17

    「The Climb」
  2. 2020/3/28

    「beat saber」
ページ上部へ戻る