閉じる
閉じる
閉じる
  1. アクション スラックス 11-23-1429-887(BEAMS/ビー…
  2. E.O.I ME-527 レザープレーントゥオックスシューズ(MR.O…
  3. 「The Climb」
  4. 「Drop Dead: Dual Strike Edition」
  5. 「beat saber」
  6. 闇金ウシジマくん(真鍋昌平)
  7. テーパードスキニーチノパンツ ベージュ6689127012(nano…
  8. シルク ビック ワッチ ホールガーメント(カジュアルボックス)
  9. さよなら、ハイスクール(森もり子)
  10. マイクロモーダル ボクサーパンツ Body Modal Trunk(C…
閉じる

男のタシナミ

白竜(天王寺大、渡辺みちお)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆるヤクザ漫画の『白竜』。

白川竜也という男気のあるヤクザが主人公で別名が「白竜」。黒須組の若頭でポジション的にはナンバー2なんだけど、組長があまりしっかりしていないため、実質的にナンバー1というのが設定。またヤクザにもかかわらず、芸術や文化、政治、経済など、いろいろな分野に精通していてまさにスーパーマン。本当にこんなやついるのかというくらいカッコイイ。

内容的にはよくある他の組との抗争など、ベタなところもあるけど、社会情勢に絡ませたテーマだったり、ホロっとくるような話もあり、なかなか面白い。考えて読むマンガじゃないので、サクサク読めてしまうね。

ヤクザマンガでいうと、タッシーは「代紋<エンブレム>TAKE2」が一番好きなんだけど、この白竜もなかなかいいと思う。

ちなみにいまは「白竜-LEGEND-」として、続編も出ている。設定等は大きな変わりがないけど、原発問題、オリンパス粉飾決算問題など、より社会情勢を反映した内容になっている。ヤクザマンガというより、「極悪がんぼ」のような事件屋みたいな感じかな。

ちなみに原作者の天王寺大はあの「ミナミの帝王」の原作者でもあります。

 

関連記事

  1. DEATH NOTE(小畑健、大場つぐみ)

  2. 殺し屋1(山本英夫)

  3. シートン・・・旅するナチュラリスト・・・(今泉吉晴/谷口ジロー)…

  4. うさぎドロップ(宇仁田ゆみ)

  5. 父の暦(谷口ジロー)

  6. カレチ(池田邦彦)

最新記事

  1. 2021/10/17

    「The Climb」
  2. 2020/3/28

    「beat saber」
ページ上部へ戻る